通信講座の生徒さんが難関の応用情報技術者試験に合格されました!

札プロの横田です。

 先月6月20日(金)は国家資格、「応用情報技術者試験」の合格発表です。
 札プロでも本州の通学講座を現在受講されているSさんが合格されました。

 本州ののIT系企業に勤める現役のITエンジニアの方で、今回の試験に向けてオーダーメイド(生徒さんのご要望に応じて、特別にカリキュラムと教材を作成し受講していただくコース)の「応用情報技術者試験 午前・午後受験対策講座」「自己学習能力伸長セミナー」を受講していただきました。

 昨日、ご丁寧にこのようなメールをいただきました。
 「お忙しいところ定期的に課題作成、添削を行っていただき、学習のペースを作っていただいたおかげで受験学習を最後まで継続することができたと思っており、横田先生にはとても感謝しております。

試験については、次は情報セキュリティスペシャリストの受験を考えています。難関な資格にはなると思いますので当分の間は資格の学習は「情報セキュリティスペシャリスト」一本に絞ってやってみます。
 との事です。
 本当におめでとうございます。私も責任が果たせて本当にうれしいしホッとしています。

 Sさんは現在「システム開発論」と「C言語の特別講座」(Cの深い部分ポインタなどを詳しく学ぶ講座)、無料の「自己学習能力伸長セミナー」の2のオーダーメイド講座を受講していただいております。

 なんだか、銀座の老舗紳士服店「英国屋」さんになったような気分です。

次の試験も合格していただきたいです。

近年、応用情報は難化しているので、通信講座で合格ですから、すごいことだと思いますが、何よりもご本人の熱心さに頭が下がる思いです。

※この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

このページの先頭へ