10月19日実施の基本情報技術者試験・応用情報技術者試験の傾向分析

今日は。

札プロの横田です。
先週は、基本情報と応用情報の試験日でしたね。
相変わらず、横田は応用情報の問題から解いて傾向を分析してしまいます。(W)
難しい試験のほうが面白く感じるというか、興味深いのです。(そうゆう性格なのです。W)

応用情報は何といっても午前が「なんじゃこりゃ~~~~!!!」という松田優作の「太陽にほえろ」の絶命シーンのような声をあげたがる、どの参考書にも載っていない問題と計算問題のオンパレードが続き、その後のマネジメントとストラテジなどは私の札幌情報未来専門学校での授業をみっちり復習していれば楽に点を獲れる問題でした。

午後はオーソドックスだったので、午前の前半の問題で驚かず後半の問題を素早く説きその後前半の計算問題 をじっくり時間を掛けて解けば合格点に乗ってくる問題でした。

ここが勝敗の分かれ目でした。午前で合格点取れれば午後は集中力で合格点に持っていけたでしょう。

最初の見たことない問題の出題にショックでたじろがなかった人が勝った試験でした。

※この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

このページの先頭へ